創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺|作品|小杉 放庵 「先一杯」 Hoan Kosugi

2015a1 田辺画廊オフィシャルサイト

小杉 放庵 「先一杯」 Hoan Kosugi

  • 管理No.
    16-10002
  • 作家名
    小杉 放庵 (Hoan Kosugi)
  • 作品名
    先一杯
  • 年 代
  • 技 法
  • サイズ
    23×80cm
  • レゾネ
  • 体 裁
    額装
  • 備 考
    サイン/印/「小杉一雄」鑑題シール/コンディション概ね良好(経年相応)/37.5×113cm(F)
    • 小杉 放庵 (こすぎ ほうあん) 1881~1964

      1881年 12月30日,栃木県に生まれる / 本名:国太郎 / 別号:未醒,放庵,放菴

      1896年 日光在住の洋画家・五百城文哉の内弟子となるが,五百城に無断で出奔。上京し,白馬会洋画研究所に入る

      1900年 小山正太郎の不同舎に入門

      1902年 太平洋画会に入会

      1903年 国木田独歩の主催する近時画報社に籍をおき,挿絵を描く

      1904年 未醒の号で出品する

      1905年 美術雑誌「平旦」を,石井柏亭・鹿子木孟郎らと創刊

      1908年 美術誌「方寸」の同人に加わり,この年から文展に出品 / 第4回展 3等賞
      第5回展 「水郷」 2等賞 / 第6回展 「豆の秋」 2等賞

      1913年 フランスに留学 / 当地で池大雅の「十便図」を見たことがきっかけで日本画に傾倒

      1914年 帰国 / 墨絵も描き始めるようになる / 再興された日本美術院に参加し,同人として洋画部を主宰
      又,二科会にも同時に籍を置いた

      1917年 二科会脱退

      1920年 日本美術院脱退

      1922年 森田恒友,山本鼎,倉田白羊,足立源一郎らと共に春陽会を創立

      1924年 号を放庵と改める / これは親友である倉田白羊が一時期使っていた「放居」という雅号から
      「放」の字を貰って付けたものである

      1925年 東京大学安田講堂の壁画を手掛ける

      1927年 都市対抗野球大会の優勝旗である「黒獅子旗」のデザインを手掛ける

      1929年 中国へ旅行

      1935年 帝国美術院会員 / 第二次世界大戦中に疎開のため新潟県赤倉に住居を移す
      新文人画とも言うべき独自の水墨画を残した

      1958年 日本芸術院会員を辞任

      1964年 4月16日,肺炎のため逝去

      1997年 10月,出身地の日光市で市立美術館が,小杉放菴記念日光美術館として開館

ホーム > 作品 | 小杉 放庵 > 小杉 放庵 「先一杯」 Hoan Kosugi

美術品商 神奈川県公安委員会許可 第452750019730号  神奈川県大和市林間1丁目4-20 第一映光ビル1F Tel:046-278-2488 Fax:046-278-2489  お問い合わせ
Copyright © 創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺 2020 All Rights Reserved.