創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺|作品|宇田 荻邨 「大原寂光院」 Tekison Uda

2015a1 田辺画廊オフィシャルサイト

宇田 荻邨 「大原寂光院」 Tekison Uda

  • 管理No.
    ※Sold※
  • 作家名
    宇田 荻邨 (Tekison Uda)
  • 作品名
    大原寂光院
  • 年 代
  • 技 法
    リトグラフ (Lithograph)
  • サイズ
    53cm×44.5cm(I)
  • レゾネ
  • 体 裁
    軸装
  • 備 考
    ※売約済※
  • この作品は売約済みまたは販売済みです。
    • 宇田 荻邨 (うだ てきそん) 1896~1980

      1896年 三重県松阪市魚町に生まれる

      本名,善次郎。少年の頃より非凡な才能を発揮し,中村左州に学ぶ

      1913年 京都にて,菊地芳文に入門

      1914年 京都市立絵画専門学校(現,京都市立芸術大学)別科に入学
      土田麦僊・小野竹喬・村上華岳ら同期生と共に研究グループ「密栗会」に参加

      1917年 京都市立絵画専門学校卒業

      1918年 師,芳文が没したため,菊池契月につく

      1919年 第1回 帝展「夜の一力」が初入選

      1925年 第6回 帝展「山村」が特選

      1926年 第7回 帝展「淀の水車」が特選,並びに帝国美術院賞受賞

      1927年 「渓間」が宮内省買上げとなる

      1928年 32歳の若さで審査員となり,以後17回にわたって審査員をつとめる

      1929年 京都市立専門学校で教壇に立つ (~1949年まで)

      1953年 「祇園の雨」を発表して以降,「鴨川の夕立」「大原寂光院」「夕涼」「清水寺」
      「雪の嵐山」など京都に残された日本の美を描き続ける

      1955年 師,契月が没したため翌年画塾白申社を創立

      1958年 京都御所小御所の襖絵を完成。社団法人日展の発足とともに評議員に就任

      1961年 日本芸術院会員

      1962年 日展理事

      1967年 勲三等瑞宝章受章

      1972年 松阪市名誉市民の称号を受ける

      1973年 日展顧問。「日本画の名匠宇田荻邨回顧展」開催 (京都市美術館)

      1977年 「画業60年記念宇田荻邨展-京の四季」開催 (東京三越)

      1978年 京都書院より画集「宇田荻邨」を出版。「近代日本画の巨匠展」開催 (神奈川県立近代美術館)

      1980年 急性心不全のため死去。享年83歳

ホーム > 作品 | 宇田 荻邨 > 宇田 荻邨 「大原寂光院」 Tekison Uda

美術品商 神奈川県公安委員会許可 第452750019730号  神奈川県大和市林間1丁目4-20 第一映光ビル1F Tel:046-278-2488 Fax:046-278-2489  お問い合わせ
Copyright © 創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺 2020 All Rights Reserved.