創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺|作品|大森 運夫 「吾妹」 Kazuo Ohmori

2015a1 田辺画廊オフィシャルサイト

大森 運夫 「吾妹」 Kazuo Ohmori

  • 管理No.
    16-11685
  • 作家名
    大森 運夫 (Kazuo Ohmori)
  • 作品名
    吾妹
  • 年 代
  • 技 法
    日本画 (紙本・彩色)
  • サイズ
    12×12cm
  • レゾネ
  • 体 裁
    額装
  • 備 考
    サイン/共シール/コンディション良好/29×29cm(F)
    • 大森 運夫 (おおもり かずお) 1917~

      1917年,豊川市三上町に生まれた大森は,郷里の中学校で国語教師をつとめていましたが,中村正義と出会いによって独学で日本画をはじめるようになります。33歳という遅いスタートでしたが,1951年には新制作展及び日展に初入選を果たし,以後新制作展に入選を重ね,骨太い筆致で風景や人物を描きました。1962年からは教職を辞し,川崎市の中村正義の宅地内に転居して画業に専念します。また,同年第26回 新制作展に出品した「ふきだまり」三連作により新作家賞を受賞。この時期の主題は,都市の底辺に生活する労務者らの姿で,画風においても顔料を厚く盛って硬質なマティエールをつくりだすなど,より激しい表現へと発展をとげます。対象が九十九里浜のたくましい漁民たちの姿に移ると,作風は明るさと大らかさに満ちたものとなり,更に1966年の欧州旅行で目にしたロマネスク彫刻からの強い印象をもとに人物のデフォルメを一層押し進め,「モロッコ」や「オホーツク」などの連作を生み出しました。やがて描く対象を自国の豊饒な伝統芸能や祭りへと移し,演者だけでなく伝統を支える民衆の力を画面に融合させた勇壮で躍動感あふれる祭りシリーズがはじまります。1977年からは,東北地方の土着の風俗に身を包んだ「おばこ」に着目し,画風は動的な荒々しい表現から静的な写実描写へと変遷を遂げました。1984年からは,人の生き様を写取ったかのような浄瑠璃人形を主題に描き,幻想性ある世界を造りあげます。また,形状をとどめない破損仏にも取り組み,近年は現代に生き彷徨する若者たちの姿を対象としています。1992年には,豊橋市美術博物館において初の回顧展「大森運夫展」を開催するほか,1997年には,豊川・桜ヶ丘ミュージアムにおいて「大森運夫-民衆の心を描く-」が開催されています。

      1917年 愛知県豊川市に生まれる

      1937年 岡崎師範学校を卒業し,教職につく

      1950年 中村正義と出会い,日本画をはじめる

      1951年 第15回 新制作展,第7回 日展に初入選。中村正義らと画塾・中日美術教室開設

      1962年 教職を退き,上京して画業に専念する。第26回 新制作展で新作家賞を受賞(第30回,32回,34回も受賞)
      この頃より,現代日本美術展・現代美術選抜展・日本国際美術展などに出品

      1971年 愛知県立芸術大学講師をつとめる。新制作協会会員に推挙される

      1972年 ’72新鋭選抜展で優秀賞を受賞

      1974年 新制作協会日本画部が独立して創画会となり同展に出品を続けるほか,日本秀作美術展などに出品

      1975年 第3回 山種美術館賞展で大賞を受賞

      1981年「現代日本美術の展望-日本画」展(富山県立近代美術館)に出品

      1988年「今を生き,そして描く-日本画現代」展(福島県立美術館)
      「日本画-戦後の歩み-Ⅱ」展(いわき市立美術館)・現代日本画巨匠展(茨城県立近代美術館)

      1992年 大森運夫展(豊橋市美術博物館)に出品

      1994年「現代日本画の展開」展(富山県立近代美術館)・日本画家五人展(豊川・桜ヶ丘ミュージアム)

      1997年「大森運夫-民衆の心を描く-」展(豊川・桜ヶ丘ミュージアム)が開催される

ホーム > 作品 | 大森 運夫 > 大森 運夫 「吾妹」 Kazuo Ohmori

美術品商 神奈川県公安委員会許可 第452750019730号  神奈川県大和市林間1丁目4-20 第一映光ビル1F Tel:046-278-2488 Fax:046-278-2489  お問い合わせ
Copyright © 創業31年 美術品販売 ギャラリー田辺 2020 All Rights Reserved.