創業28年 美術品販売 ギャラリー田辺|作品|脇田 和 「鳥の歌シリーズ C」 Kazu Wakita

2015a1 田辺画廊オフィシャルサイト

脇田 和 「鳥の歌シリーズ C」 Kazu Wakita

  • 管理No.
    16-00169
  • 作家名
    脇田 和 (Kazu Wakita)
  • 作品名
    鳥の歌シリーズ C
  • 年 代
    1981年
  • 技 法
    リトグラフ (Lithograph)
  • サイズ
    50cm×39.5cm(I)
  • レゾネ
  • 体 裁
    額装
  • 備 考
    サイン/ED.125部/コンディション良好(経年相応)/70.5cm×58.5cm(F)
    • 脇田 和 (わきた かず) 1908~2005

      1908年 東京に生まれる

      1923年 ベルリンに渡航。ドイツ帝室技芸員マックス・ラーべスに師事

      1925年 ベルリン国立美術学校入学

      1930年 同校から金メダルを贈られて卒業し,帰国

      1936年 猪熊弦一郎・小磯良平ら8人の仲間と共に新制作派協会を結成。今日まで「新制作協会」として続く

      1943年 フィリピン マニラ陸軍報道部勤務

      1944年 内地連絡のため帰還

      1945年 アトリエが戦災で消失。戦前の作品の大部分を失う

      1949年 神奈川県相模湖付近に集団疎開

      1949年 世田谷のアトリエ付き住居に本居を移す

      1951年 第1回 サンパウロ・ビエンナーレ出展

      1952年 パリのサロン・ド・メ,ピッツバーグ国際展参加

      1955年 第3回 日本国際美術展で「あらそい」が最優秀賞を受賞

      1956年 第28回 ヴェネチア・ビエンナーレ出展。第1回 グッゲンハイム国際美術賞で「あらそい」が日本国内賞に選ばれる

      1956年 東京藝術大学で,後進の指導にあたる

      1962年 長男を伴いインド・中近東・アフリカ・欧州・米国等回遊

      1964年 東京芸術大学助教授就任

      1968年 東京芸術大学教授就任

      1966年 渡米,メキシコを回遊

      1970年 吉村順三設計による,軽井沢のアトリエ山荘が完成 (脇田美術館の前身)

      1970年 東京芸術大学を退官

      1973年 世田谷のアトリエを改装

      1977年 静養のためハワイ滞在し,79年に心臓バイパス手術を受ける

      1986年 脇田和展 (神奈川県立近代美術館・群馬県立近代美術館)

      1987年 ダラス,ニューヨークを経て,パリ・ベルリン・ミュンヘン等を訪問

      1991年 軽井沢に「脇田美術館」開館。勲四等朝日小勲章受賞

      1995年 日比谷の第一生命ビル本社に,脇田和作品の常設ギャラリーが開廊

      1998年 文化功労者に選ばれる

      1999年 東京藝術大学名誉教授に就任

      2001年 脇田和展開催 (資生堂アートハウス)

      2002年 脇田和展 (世田谷美術館)

      2003年 脇田和展 (石川県立美術館)

      2004年 卆寿を生きる作家展 (あさご芸術の森美術館)

      2005年 脇田和展 (space TRY)・詩画集「女のひとと鳥」発刊。第69回「新制作展」出展

      2005年 11月27日,永眠。叙位 従四位を追賜せられる

ホーム > 作品 | 脇田 和 > 脇田 和 「鳥の歌シリーズ C」 Kazu Wakita

美術品商 神奈川県公安委員会許可 第452750019730号  神奈川県大和市林間1丁目4-20 第一映光ビル1F Tel:046-278-2488 Fax:046-278-2489  お問い合わせ
Copyright © 創業28年 美術品販売 ギャラリー田辺 2017 All Rights Reserved.